× Q 翻訳訳語辞典
Fine   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
よし、それならいい: okay, fine
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 181
そのほうがいいのかもしれない: be just fine with sb
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
しかし、見かけどおり、ほんとうにバートがやったのだとしたら−−いいだろう、調査したまえ: But it appears as it appears--Fine, investigate
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
うっすら口ひげの生えそめた: with a fine little mustache
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 250
うまくやっている: do fine
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
えも言われぬ香油の匂いが満ちている: be piquant with fine, scented oils
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 293
えらく興奮して: in a state of fine excitement
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 262
すごくおもしろい: really fine
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 98
おもしろい:fine
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 160
きれいな:fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
塩がきれいにちりばめられている: there is a fine sprinkling of salt
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 138
霧のようにこまかい血しぶきが〜にふりそそぐ: spit a fine mist of blood into ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
こまかく挽く: grind sth to a fine powder
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
そいつはご同慶: that’s fine
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113
わが隊の合唱はずいぶん高尚なむずかしい曲までこなしている: we manage to learn some fine choral music
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 6
〜のずっと先から〜にいたるまで: fine off sth, close in to sth
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 182
せっかくの日曜の午後: a fine Sunday afternoon
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 291
そうしよう:fine
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 53
「だいじょうぶ」からほど遠い状態: is not fine at all
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
だいじょうぶよ: be fine
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
ちゃんとした人たち: fine people
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
とてもいい仕事をしてくれた: you did a fine job
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
「なるほど」またひとしきり丹念に書きとめてから、スマイリーはにこやかにいった: 'Fine,' he said amiably, therefore, after yet more careful writing
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 111
世の中まんざらでもないって気がする: the world seems like a fine place
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 223
弓型のやさしい眉: fine, arch-shaped eyebrows
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
よくひびく低い笑い声: a fine bass laugh
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 76
よし: here, fine
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
よしきた、と言う: say fine
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 118
よそ行きのドレスを着こんでいる: have on one’s fine clothes
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 31
わかった:fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 304
そいつはオーケー: that’s fine
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
音楽に対して鋭い耳をもっている: have a fine ear for music
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 110
華奢な:fine
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 203
実に愛すべき、楽しい花である: by God, pretty damn fine flowers at that
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 108
楽しく、スリルに富んでいる: be all fine and exciting
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 17
気にしないで: that’s fine
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
記憶にもないほど気持ちのいい夜明けだ: it seems as fine a morning as one could remember
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
結構、どうぞやってください: fine and dandy
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
マスコミの世界というのは意外に狭いからね、そういうのは結構いいみせしめになるんだ: Mass media is a surprisingly small world, and he made a fine example
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
結構な話さ:fine
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 10
見あげた船乗り: fine seaman
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
見事な腕前だ: be a fine shot
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
しごく元気そうに見える: seem just fine
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
好い日和の一か月を海岸で暮しているうちに: while enjoying a month of fine weather at sea-coast
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 9
(人の)方は構わない: that’s fine with sb
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
ちゃんと行儀よくしている: be going to be fine
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
(場所)から輸入した高級家具: fine furniture imported from ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
些細な違い: a fine distinction
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 98
音楽の才能に恵まれる: a fine musician
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 120
風に吹かれてまだ細い毛がさらさら揺れる: the wind sweeping through one’s fine hair
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 149
細い雨: the fine drizzle
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 71
細い一条の線: one fine line
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
太陽観測に関しては世界でも指折りの場所: one of the finest solar observatories
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 115
手際よく:fine
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 211
万事順調だ: everything is fine
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 209
景気はどうだと彼がたずね、「上々だ」と私がこたえ、: and he asked me how the world was treating me, and I said, "Fine,"
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 12
馬を扱うのが上手だ: fine with horses
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 91
上等じゃない!: Fine
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
むろん意識なんて上等なものをもっているはずがないさ: Of course I wouldn't have anything so fine as perception
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 178
とびきり上等の毛でできた服と、〜をあつらえる: have a new dress made of the finest wool with ...
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 160
二人とも上等の葉巻に目がない: share a fondness for fine cigars
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 103
信頼に足る:fine
辞遊人辞書
映画にこめられた深い意味を(人に)わかりやすく説明する: explain to sb some of the movie’s finer meanings
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
よく晴れた朝ぼらけなら: at daybreak on a really fine morning
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
正しい: be fine
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
この水域の大型魚の絶好の魚礁になる: make a fine home for local game fish
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
(人の)洗練された頭脳や見事な語彙: sb’s fine mind and sb’s impressive vocabulary
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 415
ちょっと揺すられたけど、ほかは大丈夫: Just a bit shaken up but otherwise fine
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
蒼白い細面は端正だ: it is a fine face, though pale and lean
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 57
地のこまかい広幅黒ラシャの服: fine broadcloth suit
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 225
薄いガーゼ: fine gauze
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
(人の)指は、しきりに例の敏感な神経のあたりを撫でまわしている: one’s fingers ever wandering over and over those fine nerves
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 308
平気などという状態は、大声で呼んでもとどかぬほど遠くにある: isn’t even within shouting distance of fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
保存状態のいい署名なしの初版本: unsigned, in fine first edition
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 14
妙なる音楽: the finest music
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
ケント大佐はまだ来ていないが、それはいまのところ問題ない: Colonel Kent had not yet arrived, which was fine for the moment
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 183
わが秘密工作員のなかで、最も優秀で最も活躍しているひとりだ: He is one of our finest and most active secret agents
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 476
有難い存在: fine folks
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 60
ふしぎなくらい良好な天候: extraordinarily fine weather
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
洒落たレストラン: fine restaurant
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 38

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

なにをおっしゃいます: you’ll be fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
最高級の部屋: the finest hotel
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 100
ああ、いいよ: that’s fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
ええ、かまいません: that’s fine
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 21
〜でいいさ: sth is fine
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 138
まさにそのとおりだとわかっている: see just fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
いいよっていってやる: say okay, fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
ある朝: one fine morning
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 131
何でもない: no, everything’s fine
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 86
異常はなさそうだ: look fine
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
なんとかいけそう: just fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
かまわない: it’s fine
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
おかまいなく: I’m fine
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
へっちゃらです: I’m fine
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 270
けっこうウマが合う: get along fine
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 303
美声: fine voice
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 30
こまったこと: fine thing
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 191
英才: fine son
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 9
秋びより: fine autumn weather
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 164
なかなかのものでしょ: fine as paint
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
立派な: fine and proper
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 140
とても素敵: fine and dandy
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 141
気分爽快だ: feel fine
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 210
大丈夫だ: feel fine
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 111
騒ぎがおさまる: everything is fine
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
うん、いい: everything’s fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
いいもんだ: be really fine
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 69
わるくない: be just fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
〜でいいんだ: be fine
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 229
何でもない: be fine
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 33
喜ばしい: be fine
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 254
大丈夫だ: be fine
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 26
問題はない: be fine
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 69
風味が増す: add fine flavor
名刀: a fine sword
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 14
困ったやつだな: you‘re a fine one, aren’t you
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 64
自分でもそれと解る程鮮やかな裾さばきで: with self-conscious grace and fine form
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 48
いくらか侘しい感じのするほど細面の: with fine, slightly sad features
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 433
空気がよどんで: with a fine fug built up
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 99
もうすぐ元気になって、ここを退院できる: will be outa here one of these fine days
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 304
心配することなんかない: will be just fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
〜を大事に大事にしてくれるでしょ: will be a fine custodian of ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
こまかいところでは: when it comes to the finer points
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 195
けっこう、けっこう: well, that is just fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
世界一と折り紙をつける向きもある: the finest in the world, some say
気品豊かな容姿: the fine air of the elite
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77
朗らかな声の抑揚: the accents of sb’s fine, clear voice
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 186
いいなあ、これ: that is pretty fine!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
こちらは異存ありません: that’s fine with me
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
たくさん(物を)撃ったのね: that’s a fine mess of sth you’ve got
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 38
世界有数の蠍の宝庫: some of the finest scorpion country in the world
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 32
元気をとりもどしたようだ: seem in fine spirits
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
〜を鋭く削る: put a fine point on sth
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
偽装の薄皮を破って正体があらわれる: one’s true identity ruptures through the fine membrane of one’s cover
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 78
もっとありていにいうと: not to put too fine a point on it
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
煮つめる必要がある: need a fine tuning
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 312
〜に自足しているといってよい: like sth just fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
かまわない: just fine with sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
たいへんけっこうな傾向だ: just as fine as paint
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
まったくあんないやがらせは聞いたこともない: it was the finest bit of spite I’ve ever heard of
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 55
あんなにおもしろかったことはない: it was our finest moment
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 108
最高だ。文句なしだぜ: it sounds absolutely t-fine
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
生活は順風満帆といってよいものだ: it is a fine life
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
べつにそれがどうこうっていうんじゃないです: it’s fine, of course
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
絶好の〜日和: It’s a fine day for ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 22
プリプリして: in a fine rage
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 65
ほとんど真っ黒な髪をまっすぐ垂らしている: hung lank and fine and almost black
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
眼力が鋭い: have the finest eye
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 568
〜が見渡せる: have a fine view of ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
罰金を山ほどふんだくられる: get fined hundreds and hundreds
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 268
よく馬が合う: get along just fine
(人)なしでもなんとかする: get along fine without sb
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
思いもかけず、〜と顔をつきあわせる: find oneself face to face with ...
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 71
品物の鑑識と選択に古い信用がある: enjoy a reputation for uncanny discernment of fine quality
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
美酒に酔う: drink the finest wines
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 210
商売はなかなかの上首尾だ: do a fine business
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
うすい肌色のうぶ毛が一面に生え: covered with a fine layer of down
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
庭一面に黄色い花が咲き乱れる: cover one’s yard with fine yellow flowers
(そんな人に)反感を持つことはできない: cannot fine it in oneself to dislike sb for that
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
疑問の余地もなく群を抜いている: beyond question the finest
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 79
しかるべき人物のお抱え運転手なら文句はない: being a chauffeur suites sb just fine
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 150
(人が)満足していることはいうまでもない: be just fine with sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
まずい立場に追い込まれる: be in a fine mess
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 140
しばらくうっとりしている: be having a fine time of it
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 366
うーんとおしゃれしていく: be going to dress up really fine
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 32
きっとうまくいく: be going to be fine
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 137
荒々しさにほとんど消されているこの新しい声色を敏感に聞きとっている: be fine enough to catch the new note all but drowned in the fierceness
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 246
相当キメがこまかい: be extremely fine grain
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 132
大粒の汗が浮かんでいる: be dotted with fine beads of sweat
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
(人の)態度は見上げたものだ: be a fine gesture of sb’s
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 376
ピンピンしている: appear to be doing absolutely fine
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
最高の力量と評価されている人: a very fine one
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
グレイの髪を波うたせた: a fine-looking man with curly gray hair
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 99
十分効果的な治療: a fine therapeutic practice
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
機械工学の傑作: a fine piece of engineering
まったく、喧嘩っ早いとしよりだ: a fine old rowdy
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 29
(人)一流の強気: a fine example of sb’s strong temper
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 26
「なかなかのものでしょ」ゴーントは答えた: "Fine as paint," Gaunt agreed
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240absolutely
父は、どちらかといえば枯淡の人であった: Actually, his father had been a man of some refinement
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
なにしろ長い間不健康な監禁生活に堪えていただけに: after one’s long and unwholesome confinement
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
その美しさをあまさずひきだす: dig out all one’s finery
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 296
よしきた、と彼は言って、そういうお膳立てを整えたわけ: He said fine and arranged it
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 118
〜によって定義された: as previously defined in ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
〜という(人の)説は、裏を返せば〜: one’s ideas about ... sound fine, but if you ask me ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 191
みごとなレースで飾った帽子を、あみだにかぶっている: a fine laced hat is set on the back of sb’s head
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 163
洗練された優雅な身のこなし: with something of refinement and delicacy in one’s bearing
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 128
細おもてのなかなか洗練された美人: a slender, refined woman of considerable beauty
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 91
〜を磨きに磨きぬく: with the best refinements of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
細かいにこしたことはない: the finer the better
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 59
さっきよりもはっきりした形で言葉にすることができる: be better define
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
疑問の余地もなく群を抜いている: be beyond question the finest
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 79
良好な天候に恵まれる: be blessed with fine weather
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
自分の綺麗な手にマメができる: blister one’s fine hands
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
細部に取り合ってはいられない: bother with any more fine print
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 80
彫りのあざやかな童顔で: be so boyish and finely sculpted
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
最高の教養を身につけた完璧の紳士: exqusite gentlemen of the finest breeding
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
さらさらと鳴る絹や錦や上質麻の衣ずれの音: rustle of silk and brocade and fine linen
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
「とても元気にしてるわ」と、女が落ちついて答えた: "She's fine, just fine," said the woman calmly
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 75
部品のばら売り方式を芸術の域まで高めている: carry the unit system to the pitch of fine art
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 165
恵まれた家庭に育ったという繊細さがない: be lacking in the refinement proper to a child of good family
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 313
窮屈な巣穴を出かかる: clear the narrow confines of its hole
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 9
実に俗っぽい: be rather coarse and unrefined
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 96
この概念を〜と簡潔に定義している: define the concept simply as ...
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
小児麻痺で車椅子の生活を送ることになる: be confined to a wheelchair by cerebral palsy
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 19
確かな事実だけを話す: confine oneself to fact
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 141
〜に限定される: be confined to ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
幽閉される: be confined
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
〜のなかに入ったら: within the confines of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
窮屈な巣穴: the narrow confines of its hole
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 9
天井の低い(場所)に閉じこもっていた: the low-ceilinged confines of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
いくらかゆったりしたクラブハウスのロッカールーム: the larger confines of the clubhouse locker room
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 223
おんぼろの我が家から一歩外に出れば: outside the confines of our humble home
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 162
別に、種類とか時代にはこだわらないで集めたものだ: do not confine oneself to any particular period or class of object
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 14
(人に)しか使わせない: confine to sb
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 12
ただただ〜するだけ: confine oneself to doing
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 332
〜を〜一本やりにきりかえる: confine ... to ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
まっとうな社会生活を送ることができるようになる: be ready now to grow within the confines of society
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
長い間、寝たきりでいる: be confined to bed for a long time
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 132
〜出られない: be confined to ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 185
〜はほとんど一瞬のうちに、群集のすみずみにまで伝わる: ... be known directly to the furthest confines of the crowd
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
日本だけのものではない: be not confined to Japan
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
なにも〜の場合に限らず: a phenomenon confined to sth
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 56
狭苦しい:confined
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 52
限られた:confined
辞遊人辞書
四方を壁で囲まれた明るい場所: this confined bright space
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 137
閉じ込められた:confined
辞遊人辞書
圧し潰されたような空間: oppressively confined space
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 55
(どこかでの)禁足処分: confinement to ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 275
釈放許可書: a confinement release form
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 370
思いつくかぎりのすてきな大がかりな言葉を全部ならべる: crowd in all the fine big words one can think of
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 364
雨に濡れそぼつ仰々しい衣装のまま: in one’s damp and massive finery
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 12
もっとぐいっと: a little more defined
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 376
どうもはっきりしない: be never easily defined
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 119
従って今、彼をきびしく統制し規定するものは何もなかった: Thus there was nothing to define him, to keep him under strict control
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 360
でも私としてはむしろ、必要に応じて値段を決めていると考えたいんです: I'd rather think of it as defining worth by need
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
どういうきっかけがあったのか、もう思い出すこともできないが: for reasons they could no longer define clearly
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 7
〜を辞引きで引いてみると、〜をさすと出ている: dictionary definitions of ... define it as ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 26
説明する:define
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 43
浮かび上がらせる:define
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 79
ツイート