× Q 翻訳訳語辞典
thing   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
鍋を並べてあれやこれや料理する: fix things in pans
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 85
次に聞いたうわさ: next thing I hear
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 168
うわさが(人の)耳にとどく: hear things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
うれしいことを言ってくれるじゃない: you say the nicest things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 32
まともなことは何一つしない: will not do commonsense things
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
ひどいこともした: will admit to an awkward thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
なんということを言うやつだ: what a terrible thing to say!
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 112
東洋のよくわからないこと: weird oriental things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 267
こういうこと: this sort of thing
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
こんな阿呆らしいことやっている: this is the last thing one see oneself doing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
そんなことをあれこれと考える: think about these things
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
これまで考えることをできるだけ避けてきたいくつかのものごとに、正面から向き合う: think about some things one have not wanted to think about
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 488
その手のこと: things like that
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
〜するのは一等悪いことはないよ: there are worse things than doing
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 133
今日一日に起こったこと: the things one have done that day
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
おかしなこと: the oddest things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
世にも奇妙なこと: the oddest thing
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
口にするのが辛いようなことでも、(人に)隠さず打ち明けて話す: tell sb things that trouble one deeply to tell sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 576
なにかすごいことが起こるぞ、という感じを漂わせながら: suggesting great things to come
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
そんなことをしたって、(人には)ほとんど意味がない: such things are of small practical value to sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 404
なにしろ心配なことがいやというほどある: so many things to worry about
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 205
言うべきでないことを言うべきでないときに言う: say the wrong thing at the wrong time
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 338
身のまわりの何気ないこと: ordinary things
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 272
ただ一つプラスだったこと: only good thing to come from that
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
どんなに驚くようなことをきかされても: no matter what awful things you learn
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
いささかのことはつかみました: know a few things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
少しはわかっていることがある: know a few things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 70
〜はまあ当然のことだ: it seems a reasonable thing to do
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
とてもいいづらいことだ: it is too hard a thing to say
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 563
〜が〜するのは至極当然のことである: it is the most natural thing in the world for sth to do
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 35
用件は〜のことなんだ: it is ... thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
〜が(人に)ふと〜のことを思い出させる: in a way, ... reminds sb of the thing with ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
いろいろなことになじみをとりもどすための、まずは肩ならしだ: in a gentle exercise at catching up on things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
私もこんなことを好きでしているんじゃありませんよ: I don’t like doing this sort of thing
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 224
いろんなところに行けるし、いろんなことをやれる: go places, do things
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
〜に関して、言い忘れていたことを、追加として書く: fill in some of the things about ... that one have never gotten around to doing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 580
いくつかのことを説明する: explain a couple of things
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
(人の)やったことはたしかに非道なことではあるけれど: despite the horrible things sb have done
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
いろんなことが重なった結果: combination of things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 209
〜はとくに驚くべきことではない: be not a unique thing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 358
正しいことというだけではない: be more than the right thing
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
とんでもないことだ: be big thing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 207
ずいぶんいろんなことをいわれる: be accused of many things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 475
精神科医として当然なこと: an obvious thing for psychiatrist to do
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
他に考えなくちゃいけないことが山ほどある: already have so many things on one’s mind
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 273
よくよく希有なこと: a very rare thing
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 123
へんなことになった: a funny thing happened
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 190
おそろしいしろもの: awful thing
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 24
悪魔に似たしろもの: an evil thing
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 181
俺はそいつだけにふさわしく生まれついている: there’s just one thing I’m destined for
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
そんなのこれっぽっちもありません: not a single solitary thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
(人が)〜で起こったすべてのできごとを知りつくしているとはかぎらない: not all the things which happen in ... is known to sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
なにやら相談している: chew things over
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
(人は)何一つ聞こえたそぶりもみせない: it is as though one have not heard a thing
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
奇矯なふるまい: odd things
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 31
欲しくても手に入らないものをかたはしから並べあげる: wish out loud for things one don’t have
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
貴重なもの: treasured thing
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 86
悲劇的なもの: tragic things
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 12
大事なものを放り捨てる: throw away a good thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
人のもの: things that aren’t yours
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 18
〜とか・・・その手のもの: things like ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 107
べたっとしたもの: the slimy thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
そういうものの見かたができればいいけど: that’s a nice way of looking at things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
(人に)ものを教える: tell sb things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
英雄なんて、そんなもの: such thing as a hero
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
数少ない許しうるものの中でも、特別に許しうるものだ: probably more permissible than any of the few other permissible things
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
いいもの: pretty thing
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 396
(人には)必要なものがいっぱいある: need lots of things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 90
いろんなものを片づける: move some things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
いろんなものを立てなおす: make things work out
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 249
最高にすばらしいもの: great thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
疲れ果てて、ものを思い出すのも億劫だ: be almost too tired to remember things oneself
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 67
純白なもの: a pure, spotless thing
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
いろんなものを載せた小さな盆: a little tray of things which sb puts on
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 135
近くのものを遠くに見る: a distant view of close things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
ものごとが最初からうまく進まない: things go bad from the start
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 364
ものごとに落ち着いて向かう: take things calmly
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
ものごとを高所から見る: put things into perspective
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 102
たぐいのやつ: things that ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 14
何段にもなったやつ: multilevel thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
安っぽいアダルトビデオに出てくるゴム・フェチ男が愛好するようなオブジェ: creepy xxx video rubber-fetish thing
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 149
ケース:thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
コツをつかむ: get a grip on things
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 91
最も始末しにくいシロモノだ: one of the harder things to get rid of
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 308
非常に重要なポイント: the important thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
(場所)へ一切を脱ぎ棄てる: leave one’s things in ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
(人が)一物を振る: shake one’s thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
ほんの一例である: be just a thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
何かを隠している: be keeping things to oneself
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 72
可能性:thing
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
荷物をまとめる: collect one’s things
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 93
(人の)最大の課題である: be a big thing with sb
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 153
原因と火元が火事の原因だ: cause and origin is the thing
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 58
そういう感情を内に秘める: keep such feelings inside
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
ヴードゥー教の儀式: Voodoo thing
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
不可思議な秘密の儀礼: weird secret thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
局面を変える: break things loose
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
警察特有の無感動な空気: solid, police thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
〜が、かげも形もありません: there isn’t a thing to be seen, not a trace of sth
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 49
どうです、〜の景気は: tell me, how are things going with sth
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 87
特異な経験: peculiar thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
(人にとっては)めったにない経験だ: a thing that does not often happen to sb
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 188
おかしな芸当をしてみせる: do funny things
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 144
少なくともひとつの結果を生んだ: did do one thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
〜の件はなにからなにまででっちあげ: the whole ... thing is a hoax
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
例の一件: other thing
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
世にも下賤な言葉: ignoble things
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 152
(人の)褒め言葉が世辞でなかったとわかってうれしい: good to know those nice thing sb said were true
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
御業をおこなう: do thing
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 168
見かけどおりの考え方: obvious thing
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
なれなれしすぎる行動: inappropriately intimate thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
今、(人が)直面しているよりはるかに大きな困難: greater things than sb have at time to contend with
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
あれは(人の)会心の作だ: it is the best thing one have ever done
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 167
みずから作戦向上に参加できるとの意識を持てる: feel as though one have a chance to affect things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
父母会の仕事をする: do parenty things
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 127
こんな仕打ちをする: do this kind of thing
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 301
話のつぎ穂にだれでも口にする、たわいない思いつきの一つだ: be just one of those little things which people say to each other for the sake of conversation
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 185
事を荒だてる: whip things up
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 187
かえって事を悪くするだけだ: that would only make thing worse
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 356
〜についてちょっと断って置きたい事がある: should perhaps explain a few things about ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
事を処理する: run things
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 213
事を動かしている: run things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
事を進めておく: get things going
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
悪い事をする: do a terrible thing
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 28
事を悪くしても、よくはしない: be likely to make things worse as better
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
下らない事: be a vain thing
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
余計な事だ: be a vain sort of thing to do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
事件:thing
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
変わった事故に遭う: freak things beset sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
(人の)あずかり知らぬ事実: the things that sb does not know
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
少し事情がわかる: tell sb a few things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 353
事情を説明してくれる: explain things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
そのあと、事態は当然の過程をたどった: Things sort of went in natural sequence after that
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
事態がもう限界点に達している: things have reached a crisis point
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
事態はこんなにも早く、行きつくところに行きついてしまった: things have came so quickly to the sticking point
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
事態をうまく処理する: straighten things out
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 155
事態はかえってこじれる: make things worse
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 247
これも警察官にはおなじみの事態だ: it is another cop thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
事態がおだやかにおさまる方向へもっていこうとする: head things off
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
不快で荒々しい事柄のひとつ: part of the universe of unruly and unsavory things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
重大な事柄: big things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
古い手にだまされて: with that old thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
そんな罰ぐらいは笑いの種にすぎない: the after punishment grows a mere thing to laugh at
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 65
自分としても最高の出来だ: be the cleverest thing one have ever done afloat
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
若い女の子: young thing
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 133
情報がはいっている: I’ve heard things
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 16
だけどね、もうひとつ条件があるんだ: There is one other thing though
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
もうひとつ条件がある: there is one other thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
状況を言葉少なに述べる: understate things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
状況は熱いままに保っておく: to keep things hot
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
状況が変化する: things has changed
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 57
状況が不穏になる: things are tense
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 173
目下こちらは少々面倒な状況です: things are a bit sticky here
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 235
状況をうかがう: size things up
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 536
状況を観測する: eyeball things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
同じ状況の読み方をしている: be reading things the same way
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 531
どんな状況も無造作に受け入れる気持ち: a careless acceptance of things as they were
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
心にもないことをついいっちゃう: say things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
馬鹿な真似をしたもんだ: it was a stupid-ass thing to do
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
噂って、時間がたつとどんどん真相をゆがめちゃう: long-time gossip distorts things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
身の回りの物:thing
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 433
(ひとの)身の回り品をまとめる: pack sb’s things
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 98
傷ついた哀れな人間: poor wounded thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 346
世の中そうしたものでね: that’s the way things are
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 320
世の中を変える道を見いだす: find a way to change things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
生活を軌道に乗せる: get things organized
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 337
みじめな存在: an abject thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 111
色あせた存在: a faded thing
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 81
観察の対象: things to see
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
このしようのない代物: these bloody things
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 164
物騒な代物: nasty things
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 244
大事なことをはっきりさせないまま過ごす: leave things up in the air
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 127
もうひとつ注文がある: you have to do one more thing
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
嫌味な奴だ: be a hateful thing
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 26
(人を)捉えてひどく無遠慮な批評を加える: say rather unkind things about sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
必需品: the thing
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 173
ご注文の品をおもちしました: here’s the things you asked for
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
光の部分: the light things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
靴下や服を乾かす: dry one’s socks and things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
魔物: monstrous thing
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 42
物によってはすごく趣味がいい: have terrific taste in some things
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
物事は落ち着くべきところに落ち着く: thing will be okay
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 55
なにかといえば物事をおおげさにしたがる: have a rather overdramatic way of putting things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
物事の本質についてさまざまな疑問をもつ: be perplexed by the fundamental nature of things
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
その物品を警察に持っていく: take the thing to police
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 276
〜を可能にする頭のいい方法: a very heady thing to be able to do
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
万事順調そのもの: things are blooming
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
冷静に検討すべき問題がたくさんある: there’s a lot of things here to think about
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 157
大した問題: important thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
それにね、これが問題なんだが: here’s the thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
問題をじっくり考える: figure things out
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 184
感情的な問題だ: be an emotional thing with sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
自分の意志でどうにかできる問題: a voluntary thing
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 287
記憶というものの厄介な点は忘れられないということである: the thing about remembering is that you don’t forget
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 59
役割を果たす: do one’s thing
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 212
どうも〜の様子がおかしい: things get headed in the wrong direction with ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 50
ベルを鳴らして用を言いつける: ring bells for things
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 200
(人の)台所用具を品定めする: check out sb’s things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 40
用件はふたつだ: there are a couple of things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
用事は一度に一件ずつ: one thing at a time
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 232
〜する理由のひとつはそれだ: that is one of those things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
よく聞く能力開発の類: one of those mental development things
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 62
この話、裏と表がある: there are two sides to this thing
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 119
話を奇妙なふうに持ちまわる: have rather an odd way of going about things
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 387
球界最大の話題: the biggest thing in baseball
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 322

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

おまえみたいな性悪女: you bad thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
備忘録をつける: write things down
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
格言: wise things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
なにもかも: whole thing
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 173
そのうち: what with the way things are going
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
事情通: those interested in such things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
あの手の銃: those gun things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 227
あんな風船: this balon thing
こんな不祥事: this awful thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
考えるところがあって: thinking about things
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
頭が働く: think things out so quickly
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
やらなくてはならないこと: things-to-do list
暇だろう: things would be quiet
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 148
やるべきこと: things to do
ざっとこんなところだけど: things like that
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
そういった類いのこと: things like that
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
そんなもの: things like that
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 244
思いがけぬことが起こる: things just happen
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
暇になる: things get slow
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
事態が好転しない: things don’t improve
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
だんだん雲行きがおかしくなる: things change
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 175
名誉回復: things back
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 195
いろんなこと: things
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 28
なにもかも: things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 455
なにやかや: things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
考えていたことや思っていたこと: things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
事情: things
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
情況: things
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 324
世界: things
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 258
まあよくあることだ: these things happen
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 551
最大の失策: the worst thing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
一部始終: the whole thing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 24
なんといったって: the thins is
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
実際、〜: the thing is, ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 170
実は〜: the thing is ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 27
その実: the thing is
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 176
とにかく: the thing is
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 240
実を言うと: the thing is
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
実際: the thing is
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 306
一つだけ感心なこと: the one thing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 232
つぎの瞬間: the next thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
ちらっとひとこと: the least thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 90
真先に: the first thing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 222
太っちょ: the fat thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
現状: the existing state of things
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 232
などなど: that kind of thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
--: that’s the interesting thing
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 169
解説する: tell the thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 400
いいとも: sure thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 136
お安いご用だ: sure thing
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 288
わざわざ面倒を起こす: stir things
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 355
これっぽっちも: solitary thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
得心のいく: settle things
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 227
事を決める: set things right
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 286
周囲のものを燃え上がらせる: set things ablaze
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
どこまでも自分でやる: see things through
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 456
こんな具合にしゃべる: say things like,
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 386
こんな言葉をひょいひょい出す: say such things
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
相手を安心させる: say positive things
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 300
奇妙: rum thing
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
なんでも記憶にとどめる: remember things
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 186
真意をつたえる: put things right
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
いろんなことを経験する: pick things up
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
つづき: other thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
ひとつだけ: one thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
(人)一流のオリュンポス思想: one’s Olympian thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
なかんずく: of all things
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 91
なにはさておいても: of all things
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221
なんと: of all things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
事もあろうに: of all thing
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 346
見当もつかない: not a thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
「必需品」: Needful Things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
その他のいろんなこと: million other things
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 304
功を奏する: make things right
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 250
手続きをする: make things official
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 343
命令する: make things happen
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
地球上に生きとし生けるものはみな: living things
この類い: kind of thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 89
これだ、これが欲しかったんだよう: just the thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
渡りに船だ: just the thing
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 98
事によっては: in some things
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 41
いろいろ想像をめぐらす: imagine things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 408
なりゆき: how things go
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 120
状況: how things are
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
空中分解を食い止める: hold things together
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
〜してよかった: good thing ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 173
ただこういうことはある: for one thing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 229
たとえば: for one thing
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 211
だいいち: for one thing
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 279
だいたい: for one thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 212
というのは: for one thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 366
まずだいいちに: for one thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
一つには: for one thing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 280
翌朝一番: first thing next morning
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
朝一番に: first thing in the morning
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 307
一等先に: first thing
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
しかるべきことを済ませる: finish things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
心が騒ぐ: feel a thing
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
すごい肉体の技: fabulous physical things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
滅多なことを口にするな: you mustn’t say such things
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 26
幽霊でも見たような顔をしている: you look as though you’ve seen things
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 128
あなたも絶対に黙ってて: you don’t say a thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
ちょっとした遊び半分の書きものをする: write a few minor things as a form of amusement
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
何もいうつもりはない: would not say a thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 190
なんだかんだで: with one thing and another
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
いの一番に〜をしよう: will do sth first thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
なぜ、わたしに知らせないんだ: why don’t I know these things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 398
まんまと一ぱいくわされる: whole thing is an elaborate hoax
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 88
それが世の常で: which is so often the way of things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
ややこしくなる前は: when things were simple
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
それやこれやで: what with one thing and another
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
大いに期待しているぞ: we expect terrible things of you
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 271
一部始終を見聞きする: watch the whole thing
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 36
晩飯でも食おう、「積もる話」もあることだし、という: want to plan a dinner and “catch up on things”
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
すこしやり直す: want to do things right
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 153
〜がらみの要求をする: want sb to do some ... thing
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 238
(人の)話を辛抱強く聞こうとする: wait patiently for sb to go on the next thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
じっくり考えこむ: turn things over in one’s mind for a while
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
つぎに何をしようかと知恵をしぼる: try to figure out the next thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
思いつくかぎりのことをする: try all sorts of things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
一生道を踏み外すまいと努力する: try all one’s life to do the right thing
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 325
そうしておけば火種は消えない: to keep things interesting
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
〜するのは無理という点から見ても痛ましい極端: to do is an extremely unnatural and piteous thing to do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
村というのもおこがましい: to call it a village overstates things
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 93
これだけは: this is one thing that ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 123
こいつは、幽霊屋敷もいいとこだ: this house is the next thing to being condemned
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 86
なるほど考えてみたらそれしか方法がないわけだ: think about it and realize it is the only logical thing to do
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
すべてはうまく運ぶだろう: things will now be all right
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 160
昔はよかった: things were a lot better in the old days
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
世の中まあいろいろあらあな: things to do, places to go
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 192
自分と(人)との絆: things that attached one to sb
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
ひとりでにカタがつく: Things Take Care of Themselves
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
(人が)切羽つまってくる: things start to catch up with sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
無事に治まっている: things seems to go well enough
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
童話のたぐい: things like fairy tales
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 182
そんな状態でほっといちゃいけない: things just can’t go on this way
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
どうも幸先が良くない: things haven’t started off well
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
世界は継ぎ目が剥がれたように崩壊した: things have stretched apart
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 52
なるようになったのだ: things had worked out
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
緊張がみなぎる: things get very tense indeed
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
とても収拾がつかない: things get out of hand
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
事態のとりかえしがつかなくなる: things get out of hand
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 244
きちんとする: things fall into place
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 35
(人と)の別れ: things ended with sb
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 200
山のもようや何か: things back in the hills
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 297
新しい男とうまくいっていない: things aren’t going too well with one’s new lover
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
そこまでひどくなっている: things are this imminent
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
とても雲行きが険悪だ: things are pretty tense
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 80
ちょっと気まずくなる: things are not very congenial between us
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 74
羽振りがよくなってくる: things are going well
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
景気がだんだん回復していく: things are going to get better
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
すべてはうまくいっている: things are going pretty well
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
雲行きがなにやらあやしくなる: things are getting weird
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 80
これが最悪であって、これ以上悪くなりようがない: things are as bad as they can be
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
世の中はうまくできてるねえ: things always turn out right
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 37
きりがない: thing is never resolved
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 110
お互い元気づけるようなことをを言いあう: they say things to buck themselves up
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
ろくなものが食えなかった: there was hardly a damn thing to eat
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 134
その推理にはいくつか穴があるようだな: there seems to be a few things wrong with that guess
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 20
親しき仲にも礼儀ありって言葉があるんだぞ: there is such a thing as manners
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
〜なような〜は世の中にあるはずがない: there is no such thing as sth in the world
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
〜には二つばかり特徴がある: there are two things to remember about ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
事実は小説より奇なりという言葉もある: there are stranger things in heaven and earth than some of us dream of
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
(人に)はわからないことがたくさんある: there are some things sb don’t know
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 372
いくつかはある: there are a few things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
よし、しょうがない: there’s only one thing to do!
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 132
言っておくけれど: there’s one thing about ... you should know
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 227
そんなに複雑なヤマじゃない: the whole thing looks pretty simple
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
なにもかもがおもしろい: the whole thing is interesting
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
〜のことです: the whole thing began on ...
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 7
まったくおぞましい瞬間: the weirdest goddamned thing
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
この状況だと: the way things work
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
〜っていうんだから: the unfortunate thing is that ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
もう一方の手は親指をつかって(人の)中心を刺激しつづける: the thumb of one’s other hand is doing things to sb down there
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
部屋の隅々: the things in the room
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 223
底のほうに沈んだ心: the thing which lies buried in the bottom of one’s heart
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
あたりまえ: the thing to do
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 173
なすべきことはひとつ: the thing to do
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 196
だってさあ: the thing is ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377
実をいうと〜: the thing is ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 151
(物の)難は〜である: the thing about sth is ...
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 174
とにかく三振をとるっきゃない: the strikeout is the only thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
これはどうしたことだろう: the strangest thing is happening
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
とても簡単なこと: the simplest of things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
〜につきものの事件: the same thing which always happens in ...
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 141
正しい結果が出る: the right things will happen
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
損得の利害: the pros and cons of the whole thing
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 65
(人に)対してはふさわしい: the proper thing to do with sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
(人の)ただ一つのかたみ: the only thing to remember sb by
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 16
変わるのはただこっちのほうだ: the only thing that would be different would be you
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 188
ただ一つ厄介なのは: the only thing that worries sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 242
〜に関して唯一心にひっかかったのは、〜: the only thing that bothers sb about ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 502
〜はこれが最初で最後だろう: the only thing sb will ever ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
〜するだけ: the only thing possible is to do
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
仕方がないので〜する: the only thing one can do is to do
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 307
人の世の常: the normal state of things in every man’s life
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
たちまちにして: the next thing was,...
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
気がつくと: the next thing one remembers
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 125
気がついてみたら〜: the next thing one know ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
気がついてみると: the next thing one know
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
気がついたら〜: the next thing one knew ...
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 23
気がついたら〜だった: the next thing one knew ...
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
何を惜いても〜する: the most important thing of all is to do
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 284
人生の価値はまず第一に「遊び」にある: the most important thing in life is to have fun
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 190
(人が)経済的にはあまりうまくいかない: the money side of things run against sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
なにより〜するのが先決の問題だ: the main thing now is to do
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 361
こうなっては諦めが肝腎だ: the main thing is to avoid useless regrets
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 47
いまは〜するどころじゃない: the last thing sb need is ...
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 169
(人に)〜されては堪らないと考える: the last thing one want sb to do is do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
(人)にとってとてつもなく迷惑なこと: the last thing in the world one need
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 157
〜だけは何としても避けたい: the last thing I want is ...
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 448
〜などとは、だれも思いもつかなかった: the last thing anyone thought is that ...
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
〜を凶器に用いたあの恐ろしい惨劇: the horrible thing sb have done with sth
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
いちばんいかした行為: the hippest thing one can do
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 208
くいさがっていることが大切なのだ: the grip is the thing
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 216
〜で何よりだ: the great thing is that ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 101
おかしいと言えばおかしいことなのだが、〜: the funny thing is ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
(人の)第一声: the first thing sb say
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
(人は)開口一番〜と言う: the first thing sb said is ...
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
〜とはたと思いつく: the first thing one thought was that ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
いまのコレクション: the few things one have
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
可能性の限界: the far edges of things
〜が特別だったのは〜: the extraordinary thing about ... is ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
世界でいっとうイカしてる: the coolest thing in the world
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
せめて〜しただけでもよかった: the best thing that could be said for her was that ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 585
〜に越したことはない: the best thing is ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
〜といった程度で: that sort of thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
そんなものだ: that sort of thing
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 96
とかなんとか: that sort of thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
とかなんとかいった類の箇所だ: that sort of thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
あれはかけがえのない宝物である: that is the thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
それだけは金輪際、ぜったいにしない: that is the last, the very last thing we do
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 69
重要なのはこの一事に尽きる: that is the important thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
〜では、それはごくあたりまえのことだ: that is often the way of things in sth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 49
だとしたら、うれしい: that is a good thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
肝心なのはそのことだからね: that’s the important thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
そうは問屋がおろさない: that’s not the thing to do
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 240
そういうことになってるんだ: that’s just the way things are
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
それはまたひどいことを言う: that’s a hell of a thing to say
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 256
(人に)藪をつつくようなことはやめろという: tell sb to stop stirring things up
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 31
その他にも(人に)ついての噂を語って聞かせる: tell sb of other things that are being said about sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
そっちがどうなってるか、具合を聞きたい: tell me how things are out there
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 324
(人を)責める: tell him things about himself
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
一々教えてあげる: teach sb every little thing
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192
(人と)色々話す: talk to sb about all sorts of things
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
いっそのこと: taking things a step further
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 106
(人のすることを)横取りする: take things away from sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
きっちりカタをつける: Take Care of Things Permanently
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
カタをつける: Take Care of Things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
いまはどうだかわからない: suppose things might be different now
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
いろいろに見える: suggest a number of things
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
高が〜位で: such an insignificant thing as ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
いっぺんに口に押し込む: stuff the whole thing into one’s mouth
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 236
自分のなかのさまざまな縺れをまっすぐにする: straighten things out for oneself
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
〜するような言動や行為を慎む: stop both saying and doing things to ...
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 260
あいかわらず目が鋭い: still don’t miss a thing
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 93
大事なのは〜だ: sth is the thing
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 318
〜ほどありがたいものはこの世にまたとない: sth is about the best thing in the world
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
今さらそれを云う: start bringing up things like that now
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 24
クソ真面目な人間だ: spend a lot of time with serious things
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 145
(人に)色々の話をする: speak to sb of other things
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
世界中の悪いことに重い軽いがある: some things in the world are worse than others
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 189
これだけは二十五年前と同じだ: some things haven’t changed in twenty-five years
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 195
とにかく、そんな訳であるから: since that is the way things stand
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 83
何がどこにあって、どうすればいいのかというようなことを教える: show sb where things are and how they work
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
こちらの真剣味を示す: show sb we’re serious about things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 84
素晴らしいと思う: seem to me to be a pretty damn good thing
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 215
列の進まない原因を確かめる: see why things aren’t moving
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 191
〜の中のものがどういう状態になっているかを調べる: see what things are like in ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
おどろくべき光景が展開されている: see an amazing thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
なにやかやとわめき散らす: scream things into sb’s ears
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
艦隊司令官確実: sb is a sure thing for a fleet command
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
(人が)そんなことをするわけがない: sb I know will not do such a thing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
悪罵のかぎりを浴びせかけ: say various terrible things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
思わず首をかしげたくなるような言葉遣いになる: say things that would startle one’s hearer
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 450
こんなものの言い方をする: say things that way
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 284
気休めを言う: say nice things to cheer sb up
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 263
(人に)悪口を言う: say nasty things to sb
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 60
そのお返しに〜について、罵詈雑言を叩きつける: say nasty reciprocal things about ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
賢明な言動を示す: say and do wise things
(人に)怒りをぶちまける: say all those angry things to sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
ほんとに妙なのよ、最高に: really the most curious thing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 366
ずいぶん現場から離れていたものだと思い知らされる: realize how removed one is from things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
全体を仕切る: put the whole thing together
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
ずうずうしいほどずけずけした物言いをする: pronouncing on things in a tone of total authority and assurance
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
これっきりということはないからと約束する: promise no end of things
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221
(人を)頼みに思っている: prefer to leave things to sb
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 15
本命に一、二シリング賭ける: place a shilling or two on a sure things
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 160
押しつけ積み上げる: pile things on top of one another
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
びっくりさせられたり、大笑いしたり: people who’d say shocking things and make sb laugh
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 99
自分にくどくどと念を押す人間といったら、(人)しか思い浮かばない: only sb one can think of who is always reminding one of things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
(人の)欲しくないものの筆頭は〜だ: one thing that sb doesn’t wish for is ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
少なくとも〜は確実だ: one thing that do seem certain is that ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 455
これは(人の)特徴だ: one thing one can say for sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
話はつぎからつぎへとはずむ: one thing led to another
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
これがきっかけで話が進む: one thing leads to another
数ある無関心事のひとつでしかない: one more thing not to care about
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
(人に)会えて、ほんとによかった: one have been the best thing that ever happened to sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 380
自然界の秩序のなかに自分が占める位置: one’s place in things
自分が悪いんだから、仕方がない: one’s own fault, so one can’t say a thing
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 286
若き日の(人は)白と黒とをはっきり色分けする生活をしていた: one’s life as a young man has been a thing of clear blacks and whites
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
だれも性懲りもない: nobody has learned a thing
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
そして、あっと気がつくと: next thing you know
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
いささか常軌を逸している: mildly crazy thing to do
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
なんとか片がつく: manage to straighten things out
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 339
(人と)仲直りをする: make things up with sb
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 71
修復してもとのような状態にもどす: make things right again
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
自分をつらい状況に追いこむ: make things hard for oneself
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 35
〜を過去の遺物にしてしまう: make sth a thing of the past
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
〜をえらく大袈裟に言い立てる: make a big thing about ...
度外れした調子のよさ: ludicrous obsession with the illusory bright side of things
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
(人の)面倒をみる: look after things for sb
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 301
万事を針小棒大に言いふらす: little things mount up
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 244
なさけないこと夥しい: life was one depressing thing after another
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 162
全部ご破算にする: let things shake out
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
成り行きまかせにする: let things run one’s course
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 229
(人に)すべてをまかせてしまう: let sb handle the whole thing
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
何かと足りないものだらけだ: lack all sorts of things
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
ものの道理がわかる: know how things work
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
〜する方法を心得る: know a thing or two about doing ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
〜なら自分も少し心得がある: know a thing or two about ... oneself
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
〜についていくらか知識がある: know a thing or two about ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
それなりの心得はある: know a thing or two
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 28
キャンペーンのやりかたぐらい心得ていてもおかしくない: know a thing or three about campaigning
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
あの微妙な力が台なしになる: kill these delicate little things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
目がとどく: keep an eye on things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
間々あることでして: just one of those things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
こうありたいという、見本のような: just as things should be
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
性格のわるい、ただのばばあ: just a bad old thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
次から次へと仕事に追いまくられる: jump from one thing to another
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 289
〜するのならともかく: it will be one thing to do
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
そんなつもりはまったくなかった: it is the last thing I would ever want to do
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 438
それがきまりだ: it is the correct thing to do
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 31
一度口から出た言葉はもう二度ともとには戻らない。まさにその好例だ: it is one of those things you say that you can’t retract
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
ないことではないのだが〜: it is just one of these things and ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 152
きっかけは些細なことだ: it is a very small thing that starts it all
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 124
〜するのは大事件だ: it is a very serious thing to do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152
いかにも(人)らしい話だ: it is a very sb type of thing to say
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 128
それはこともあろうに〜の写真だ: it is a picture of ..., of all things
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
〜するのは親子とはいえ男同士としてはすこし気の引けることだ: it does not seem a very manly thing for a father to do
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 85
出たとこ勝負だ: it depends how things go
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 40
すごい、全く、違って見えるなんて: it amazes me how utterly different things can look
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 166
因果なことだ: it’s the way things are
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 133
そうだ、そうとしか考えられない: it’s the only thing that fits
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
〜するよりはマシだ: it’s the next best thing to do
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 319
どうころんでもやりそうもない: it’s the last thing sb’d do
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
〜ならともかく: it’s one thing if ...
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
残念ながら: it’s dreadful thing but ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 220
可哀そうに: it’s a very sad thing to see sb ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 324
〜してくれると、とても助かる: it’s a good thing sb do
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 169
万一のさいは: if things went wrong
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 153
いったん風向きが変われば: if things suddenly turned
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
いざとなったら: if things had started to go badly
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 104
あれこれ心配していたらきりがない: if one start worrying about things one know there would be no end to it
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
とくと拝見した: I watched the whole thing
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 105
きっちり勝負つけたのか!: I hope you showed sb a thing or two!
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 109
万事うまくやりますから: I’ll look after things at this end
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 318
命とひきかえでもいいから〜する: I’ll do if it’s the last thing I do
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 289
(人が)どんな暮しをしてるか: how things are with sb
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 153
今の進行状況: how things are going
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
とんでもございません、なんてことをおっしゃる: how can you say such a thing
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 394
どんなときでも希望をなくしてはならないのだ: hope is always the last thing to die
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 376
(人に)どうでもいいようなことで怒鳴りちらす: hector sb on one thing or another
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
〜の一端を耳にする: hear the few things
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 413
(人)側の言い分: hear sb’s side of things
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 134
(人の)頭がかちかちだ: have this strict thing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
すべてきちんとやっている: have things under control
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
頭になんかがひっかかっている: have some things on one’s mind
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
びっくりするような発言を聞かせてくれる: have some extraordinary things to say
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 242
すっかりあきらめきっている: have reasoned oneself out of the whole thing
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 66
(人の)頭はあるひとつのことでいっぱいになる: have one thing on one’s mind
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
心配しない: have not a thing to be concerned about
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
いろいろなことを考える: have many things on one’s mind
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
〜というものがこの世に存在することは噂に聞いていた: have known there were such things as ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
(人は)なかなかの女たらしだ: have a thing for women
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
(人を)つかってうまくやっている: have a great thing with sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
言い分がある: have a few things to say
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 318
〜には神経質だ: have a bit of a thing about ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 65
少々芝居気を出す: ham things up a little
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 112
〜でいくつかのことの説明がつく: guess ... explains a few things
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
うまい食べ物: good things to eat
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
敵に知識を渡す: give up thing that one know
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
もっとやれたはずという印象を与える: give the impression one was on top of things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
疲れてどうでもよくなる: get to sick of the whole thing that sb feel like giving up
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 76
その場をうまく収める: get things straightened out
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 344
おおよその意味がわかる: get the drift of things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 42
ものごとの核心にずばりと切り込んでいく: get right into the heart of all the important things
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 215
腰をあげて解決に乗りだす: get off one’s backside and try to straighten things out
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 456
自分のやることなすこと: fucking things up the way one do
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
なんでも忘れてしまう: forget a lot of things
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 144
〜したとたん、まず最初に: first thing right off the bat
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
最終的になんとか恰好をつける: finally get things straight
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
口をさし挟む: feel the need to poke one’s nose into things
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 391
気楽に楽しむ: feel good about things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
縁は異なもの: fate is a strange thing
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
学校の成績が良い: excel at things in school
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
世のため人のため: duty’s a wonderful thing
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 434
なんにでも気がつく: don’t miss a thing
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 327
どこの馬の骨か判らない: don’t know the slightest thing about sb
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
まるっきりの初心者だ: don’t know the first thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 395
〜などなんにもならない: don’t believe sth will do a thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
〜することはささやかなことだが、助けになる: doing is a small, good thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
(人に)非道な仕打ちをする: do unspeakable things to sb
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 366
(人の)ためにかいがいしく動きまわる: do things for sb
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 9
まずはともかく〜する: do the only thing one can think of, which is to do
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
露ほども疑わない: do not suspect a thing
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 297
いやなものだらけだ: do not like a million things
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 263
なにひとつ現実には手を下さない: do not do any of the things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
こういう手順をいっさい踏まない: do none of these things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
あといくつか、たのみたいことがある: do need a few things
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
(人の)やっているのは間違ったことだ: do a horrible thing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
手荒な所作: do a cruel thing
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
〜する方針をとる: decide that the best thing for one to do is to do
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
いろんな雑用を済ませる: deal with many things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 158
段ちがいにうわてだ: could teach sb things
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 271
(物)とかいろんなものを貰ってくる: come home with all sorts of things including sth
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
あれこれとおしゃべりをはじめる: chat about one thing and another
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
生活を変えてみる: change some things in one’s life
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
その用事もおよそ知れている: can only mean one thing
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 69
〜のほかは物音一つ聞こえない: can not hear a thing except sth
面倒にまきこまれても、何とかそこから抜け出せる: can get into things and get out of them
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 200
あとは地元でなんとかなる: can fix things back home
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
家のなかのどこに何があるか、正確に知っている: can find things around the house
なんにもできない: can do very few things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 134
(人が)何を言っているのか皆目わからない: can’t understand a thing sb say
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
成行きにまかせる: can’t do a thing about it
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 242
こういう事は郵便じゃ埒は明かない: can’t arrange such things by mail
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
会議を朝いちばんで開くと招集をかける: call a meeting for first thing in the morning
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 272
(人は)口が固いからまず口外しない: by one’s nature like keeping things to oneself
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
ビジネスライクで、なかなかいい: businesslike, the way things should be
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
(人の)ためにいろいろと骨折ってくれる: build things up for sb
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 187
違う発想をする: bring different things to the party
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 34
言い訳の準備をする: begin thinking of things one ought to say
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
さっさとすませてくれないと悲鳴をあげるわよ: beg sb to hurry things along before one started screaming
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 24
それが不文律だからである: because that is the way things are
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
一部始終を見ている: be watching the whole thing
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 421
ほかのことにはぼんやりしてる: be vague about some things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
〜はこれでもうたくさんだ: be the last thing on sb’s mind
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 130
とかくだらしないところのある: be sloppy about some things
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 462
すごく気分がいい: be really in the spirit of things
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 31
台所で零細にかすめ取っている: be pilfering things from the kitchen
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
〜と思って、(人が)本当に、立ち直れないくらいがっかりする: be one of the things that hit sb real hard
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 530
いよいよ大ねたに取りかかろうとしている: be now ready to move on to grander thing
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 200
〜する筋合いのものではない: be not the kind of thing one do
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
(人は)好んで〜を読んだりするタイプの人間ではない: be not the first thing sb reach for when sb pick up something to read
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
さりとてのんきにしてもいない: be not casual about things either
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 33
云いたくないことまで云わされる: be made to say things against one’s will
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 78
なんてんだい、ほら〜みたいなもんでね: be like one of those things in ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
〜こそまったくおあつらえむきだ: be just thing for you
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 69
ちょうどいい: be just the thing
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 319
これこそ(人)が待ちのぞんでいたチャンス: be just the kind of thing that sb has waiting for
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
役にもたたん〜ばかりだ: be just a nonsense thing
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
すべてに見放された存在である: be getting a big kick out of the whole thing
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 91
みんなのことを思いやっている: be doing things for each other
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 93
とにかくいろんなことに自信満々だ: be certain of a great many things
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 72
いつもとってもよく知恵が回る: be always saying remarkable things
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 366
かたわらで見ていると、すばらしい見ものだ: be admirable things for the observer
はたから見ても、それなりに美しいものだ: be admirable things for the observer
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 9
しっくりいく: be able to work things out
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
実態をとらえにくいし、一方でなかなか牧歌的な側面をもっている: be a subtle, bucolic thing
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 179
健康にいい: be a healthy thing
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
(人の)〜にもあてはまる: be a good thing for sb to know about ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 267
このせりふはおかしい: be a funny thing to say
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 148
子供にとってはあまりにも大きな罪悪感だ: be a big thing for a child to feel guilty about
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
音で判断できる: at the sound of the thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
いい年をして: at an age when one should have better things to do
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
そうこうしているうちに、とうとう: as things at last fell out
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 181
いまの時点で: as things are now
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 480
似たような口をきいたことなどおくびにも出さない: as if one haven’t suggested the same thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
面倒臭げに: as if one find the whole thing boring and distasteful
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 296
なんということもなく: as if it were the most natural thing in all the world
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 54
(人)とはうまくいってるの: are things all right between you and sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
なにをどう勘ちがいしたものか〜と思い込む: apparently get things confused and think ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 6
(物事の)ことなど話した: among other things sb was telling about sth
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 32
この手のストーリーには、かならず出てくる: always seem to be on the itinerary in this kind of thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 336
身辺の不必要品: all those things you don’t need
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 145
すべてはきちんともとの場所に収まっている: all things are in their places
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
いろいろな緑の野菜: all the green things
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
みんな本から借りてきた考えばかりだ: all sb knows is things out of books
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 180
別様にふるまう: act as if things were otherwise
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
スタンドから見ていると恐ろしいくらい: a terrifying thing to see from the stands
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
はかない幻: a ghostly, ephemeral thing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 274
カラー・テレビと、白黒を一台ずつ: a color set and a black-and-white thing
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
子供のよくやるたわいのない行為: a childish and irreverent thing to do
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 65
いろんな思いがひとかたまりになる: a bunch of things
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
それだけの時間があれば、(人は)一連の行動をすっかりやってのけられるという計算が成り立つ: ..., and that leave sb the time to do all those things
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
〜かなにか: ... or some such thing
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 74
〜のことなら隅から隅まで知っている: know everything from A to Z about ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 177
パイオナイザーとかいうもの: something you call a Pionizer
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 344
心のもっと奥深くに潜むある感情のかけら: splinter of something more abiding buried closer to one’s heart
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
〜が終わると当面できることはなにもなく、〜するばかりだ: end sb’s current ability to do anything but do ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501
ひとを見る目だけは、育ててきた: if nothing else, one value one’s ability to judge other people
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 165
なにももちだしちゃいけない: not be able to take anything away
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
〜しようとしているこれという決め手をつかめない: never be able to put one’s finger on anything conclusive establishing that ...
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 180
首をうなだれ黙りこくるしかすべのない: head lowered, able to say nothing
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 120
〜の件で督励に来る: come to press sb to do something about ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 296
いよいよ何かが始まろうとしている: something’s about to happen
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
〜を手に入れられるんだったら、なんでもしちゃうんだけどなあ: will give just about anything for ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
どんなものにも神様がいる: have a god for just about everything
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
〜はどうにかしてくれ: do something about ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
〜に対して手の打ちようがない: can do nothing about ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
この喧嘩は〜する程度ではおさまらない。もっとのっぴきならない地点にまで足を踏み入れようとしている: be about to engage in something a little more serious than doing ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
その点: about this thing
向こうの話をする: tell sb something about life abroad
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 206
何を思ったか、だしぬけに話をさえぎった: something abruptly caused sb to interrupt
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
(人が)姿をくらます埋め合わせに何か面白いものを持ってくる: bring something back to justify sb’s absence
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 115
どうしても黙っていられない: feel absolutely have to say something
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
〜に言うべきことがまるで何もない: have absolutely nothing to say to ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
全部のことに一つ残らず: absolutely everything
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 159
何一つわかっていない: know absolutely nothing about ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 93
文句のつけようのない、りっぱなものにする: make sth something absolutely extraordinary
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 63
何も一つも包みかくさずはっきり書く: write everything down plainly and absolutely without concealment
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 29
処置をほどこすすべもない: there is absolutely nothing to be done for sb
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
〜を知る筈もない: know absolutely nothing about ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 178
べつに何もいけないとは言っていない: have absolutely nothing against sth
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 463
結果は虻蜂取らずに終わる: achieve absolutely nothing
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 133
めっそうもない、これまでのなかで最高にまずいね: Absurd! It's the most unacceptable of anything up to now
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 21
諦めねばならぬ事柄: something one is obliged to accept
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 448
納得する: accept everything
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 191
またしてもおかしな偶然のなりゆきに身をまかせる: go another of those funny accidental ways things just happen in a life
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
(人の)辞書にはな、たまたまなんて言葉はないんだ: do not do anything accidentally
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
すべてを計画すると何かいいことがあるの?: what does planning everything accomplish?
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 282
ひと仕事終えたようなすっきりした気分になる: feel as if one have accomplish something
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 92
難事を仕遂げたあとのように動悸がしていた: His heart pounded as if he had accomplished something difficult
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313
片づけるべきことはかたづける: accomplish something
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 625
思い通りにことが運んでいる: everything is going according to plan
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
〜は、(人に)ことこまかく知らせることでもあるまい: a long account of sth is nothing to bother sb with
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 107
正確なことが思い浮かんでこない: can not recall things accurately
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 72
(人には)なじものないもの: be not something to which one be accustomed
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
じつをいえば、これはひとえにビーの手柄であって、わたしの手柄ではない: Well hell, I mean I see this whole thing as Bee's achievement and not mine
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
この分野におけるひとかどの国際的権威とみなされている: be acknowledged as something of an international authority in this field
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 17
裏に字が書いてある: have something written across the back
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 351
こういうことになるとまったく知識に乏しい: have never come across such things
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
けろっとしている: act as though nothing ever happened
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 303
この早起きに何か尋常でないものがある: this early activity has something a little sinister about ...
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 74
じつをいうとピートだって、すくなくともしばらくのあいだは、事態がおだやかにおさまる方向へもっていこうとしてたんだ: He actually may have headed things off, at least for a while
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
ちゃんと見えているんだろうかね: I wonder whether sb can actually see anything
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
妙なことばっかり言う: actually say something funny
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 37
あなたがたもやはり我々のように行っていると思いますがね: you humans are actually doing very much the same sort of thing
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 17
実際には何も不都合はない: nothing have actually gone wrong
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
〜は(人を)けっして傷つけず、むしろ宥め、温める: to sb sth be actually soothing and comforting rather than upsetting
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 109
良いところまでいったのになあってね: she might actually have amounted to something
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 11
どうも自分たちのしたことがあまりいいことでもなかったようだ: actually have done something less than laudable
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
それから彼は「おみやげは?」と笑わない顔で言いました: Without so much as a smile, he added, "Bring me anything?"
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
足すものは足し、引くものは引く: everything is added and subtracted
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
少しは腹の足しする: add something to one’s meager diet
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
特筆すべきは: in addition to everything else
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 415
まだいいことがある: in addition to every other good thing about ...
十分な衣食住: adequate food, shelter, clothing
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
はたで見ていてもすばらしいものだ: be admirable things for the observer
どうにもならぬ心を打明ける: admit an emotion about which one can do nothing
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 122
平気でほんとのことをいう: don’t mind admitting things
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 168
そんなことがあると、決してまとな気持ちではいられない: admit that not everything one is thinking in these moments is very gracious
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
何かえらく気のきいた発言でもする: say something adroit
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
縁起をかつぐ: be affected by a lot of things
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 274
でも、こんな上等のグラス、とても手がとどきません: Not that I could afford anything so nice as these pieces
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
前々から買いたいと思っていたのに手に入れられなかったもののすべて: everything sb had ever wanted but could not afford
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
なにもびくびくすることはない: there is nothing to be afraid of here
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
何をやらせても任せておける: would not be afraid to trust sb in anything
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
こんなことになるんじゃないかと心配する: be afraid something like that would happen
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 153
こっちが最初にそうだといってるのに、その上におっかぶせて、こんなふうに二度言うんだからな: When people say something twice that way, after you admit it the first time
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 19
なにかとあてつけがましう随分ひどいことを申す: say unspeakable things against sb
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 82
自分の意に沿わないことをやる: do something against one’s interests
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 48
(人には)もともとみんな反感を持っていた: they’d always had something against sb
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 182
ぼってりした、水気をふくんだものが身体に押しつけられる: something thick and soggy press against sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
一々咎めだてはすまい: say nothing against these things
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 62
(人の)ことをとやかく言う筋はない: have nothing to say against sb
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 96
(人)に含むところは何もありません: have nothing against sb
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 41
(人に)なんの不満もない: have nothing against sb
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 184
警察にたいしてまずことがある: get something against police
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 188
ツイート